「安田善次郎」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

安田善次郎のプロフィール

【安田善次郎 やすだ・ぜんじろう】日本の明治期の実業家。安田財閥の設立者。1838年11月25日-1921年9月28日。富山県富山市出身の実業家。幼名は岩次郎。21歳の時、奉公人として上京。玩具屋、鰹節兼両替商を経てやがて安田銀行(後の富士銀行。現在のみずほコーポレート銀行) を設立、損保会社(現在の損害保険ジャパン)、生保会社(現在の明治安田生命保険)を次々と設立し、金融財閥としての基礎を築く。

自分の天職を金融業と定め、私的に事業を営むことを自ら戒めた。同郷だった浅野総一郎の事業を支援するなど事業の育成を行う。また日本電気鉄道や、帝国ホテルの設立発起人、日銀の監事など、この時代の国家運営にも深く関わった。生涯現役を掲げ第一線を引退することはなかったが、1921年、神 奈川県大磯町の別邸で、金の無心に来た朝日平吾に刺殺された。東京大学の安田講堂や、日比谷公会堂は安田善次郎の寄贈によるものである。ビートルズのジョン・レノンの妻で音楽家のオノ・ヨーコの曽祖父でもある。

勤倹貯蓄といえば、ただ倹約して貯金をなすがごとく解するものあるも、決して然らず。勤倹とは勤勉にして節倹を守るの意にして、換言すれば「業務を勤勉にし、冗費を節する」のいわれなり。すなわち勤は積極的の語にして進取を意味し、倹は消極的にして保守を意味す。ゆえに両者相まってはじめてその効いちじるし。余は諸子に教えん。勤なるとともに倹なれ。倹なるとともに勤なれと。

勤勉は美徳なりといえども、その実行にいたっては、すこぶる至難の業に属す。ここにおいてか意志の強固すなわち克己心の養成を肝要とす。

意思の弱き人は、何事にも気の移りやすく、衣服調度のごとき、時々の流行を追い、外見を飾るをもって能事とす。しかる虚栄の奴隷となる人は、予算外の出費もかさみ、ついには先祖伝来の家産をも減ずるに至る。いわんや貯蓄をや。意思の弱き人は、友人知己のために保証人等となり、不測のわざわいを買うことあり。そのごとき一時の人情に駆られて、自己の利害を顧みざる人は、勤倹貯蓄を実行するあたわず。

意思の弱き人は、取引上始終人の後ろに立ちていわゆる「ひけ」を取るものなり。そのごとき人は情実に拘泥して常に損害をかもす。意思の弱き人は、困難なる事柄、または紛糾錯雑せる事件に遭遇すれば、ただちに屈服頓挫し、またはそれを嫌厭し、ついに何事も成し遂げることあたわず。そのごとき人は畢竟奮然気力を発揮し事に当たるの勇なき者にして、終生向上するあたわざるべし。あに克己心あらんや。

意思の弱き人は、その行為常に不文律にして、精神快活ならず、したがって自己の情欲を制して、勤倹貯蓄を成すの勇なし。

主人は一家の模範なり(組織のトップが組織の模範となる)
我れよく勤めなば、衆何ぞ怠らん(トップが勤勉に仕事をすれば、部下も怠けない)
我れよく倹ならば、衆何ぞ奢らん(トップが無駄贅沢をしなければ、部下も無駄贅沢をしない)
我れよく公ならば、衆何ぞ敢て私せん(トップが公平無私なら、部下も私利私欲に走らない)
我れよく誠ならば、人何ぞ偽らん(トップが嘘偽りない人であれば、部下も嘘をつかない)

自分の利益を外にして散財してまでも今日まで参りましたが、一つとしてお前の為に助かったと言って大層喜ばれたものはない。比較的恨みを受けるような場合になっている。しかしその恨みは私においてやましい所がないから一向に痛く感じませぬ。

一、独力独行、決して他人を頼らぬこと、一所懸命働くこと。
二、嘘を言わぬこと。曲ったことをせぬこと。正直に世を渡ること。
三、生活費、小遣銭などはすべて収入の八割以内とし、二割は非常の時のために貯蓄すること、また住宅には身代の1割以上の金を決して使わぬこと。
【覚書き|26歳で両替店安田屋を開業した際の誓い。安田屋は安田商店を経て安田銀行(現みずほコーポレート銀行)へと成長する】

生計に困る人ほど貯蓄の必要がある。

人生は一歩一歩順を追って前進す。世路は平々坦々たるものにあらずといえども、勇往邁進すれば、必ず成功の彼岸に達すべし。勤勉、努力、節倹、貯蓄、一日も怠るべからず。

一にも人物。二にも人物。その首脳となる人物いかんにかかっている。満腹の熱心さと誠実さを捧げ、その事業と共にたおれる覚悟でかかる人であれば十分。

果報は練って待て。運はハコブなり。
【覚書き|智略の人、安田翁の人柄がうかがえる発言。計画が練られていなければチャンスが来ても飛びつくことはできても成功まで持ち込むことは難しい】

人が心掛けなければいけないことは、積土成山(長期間仕事を積み上げて大きな結果を得ること)にあると思う。投機やその他の方法によって一攫千金を得たといっても、これは正しい道ではない。

これはよいと思った事は決してそのままにせず、必ず実行してみる。また、自分の慣習上で悪いと思ったことは必ず止める。独立心と克己心の強弱が人の貧富の岐路となる。おそらくは人間の貧富貴賎の分かれ目はここであると思う。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ