サム・ウォルトンの名言・格言|情報システムも重要だが使う人がいなければ無価値

長年いわれてきたように、ウォルマートの成長と店舗管理にとって、情報システムと物流システムは本当に重要だったのである。だが、たとえ読者が、わが社のビルから通信衛星のアンテナが何本も突き出ているのを見、内部のコンピュータの話を聞き、あるいはレーザー誘導式物流センターの模様をビデオで見たとしても、けっして騙されてはならない。こうしたシステムも、有能な管理者や店長たち、献身的な店員やトラック運転手がいなければ、一セントの価値もないのだ。


サム・ウォルトン の経歴

【サム・ウォルトン】米国の実業家。世界最大の小売業であるウォルマートの創業者。 1918年、アメリカ合衆国オクラホマで農場を営む家に生まれたサム・ウォルトンはミズーリ大学経済学部卒業後、会社勤務を経て軍隊に入隊。 1945年の除隊後にアーカンソーの雑貨屋を購入し、チェーン展開を開始した(この店は1950年に廃業)。 1954年には彼の弟バドとともにウォルマートの原型ともいえるディスカウントストアの「ウォルトンの店」開業。 1962年に「ウォルトンの店」の他にウォルマートを創業し、経営に乗り出した(この年にKマートも創業)。 当時の小売業界の主要出店方式の逆をいく大型店を中心とした田舎での出店や、現在では小売業の潮流ともいえるドミナント方式(分散せずに地域を絞り近場に同グループ店を密集して出店する戦略)をいち早く導入するなど流通革命を先導し物流、情報を最大限生かした効率的な経営でシアーズやKマートを抜く全米最大の小売業へ導いた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ