三木谷浩史の名言・格言|ナンバーワンでオンリーワンを目指す

ナンバーワンでありオンリーワンでありたいと思っています。いろいろな競争がある中で、自分たちが戦略的に「こういう 風に展開していけばナンバーワンになれる」と考えた分野で「世界一」。それは利益力かもしれないし、従業員が一番しあわせなことかもしれないし、安心感、ブランド ネームなどいろいろな指標があると思います。


三木谷浩史 の経歴

【三木谷浩史 みきたに・ひろし】日本の実業家。兵庫県明石市出身。 楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長、フュージョン・コミュニケーションズ代表取締役社長執行責任者。 一橋大学を卒業後、日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)入社。ハーバード大学経営大学院に留学後日本興業銀行を退社。インターネットショッピングモール楽天を創業。 父親は神戸大学経済学部名誉教授・元イエール大学客員教授・元日本金融学会会長の三木谷良一氏。 元ライブドア社長・堀江貴文、サイバーエージェント社長・藤田晋、リキッドオーディオジャパンの大神田正文、グッドウィルの折口雅博らとともに「5人の若手起業家」と言われる。フォーブス2008年日本人富豪ランキング8位、2009年7位。プロ野球球団楽天・Jリーグのヴィッセル神戸オーナー。 一橋大学、ハーバード大学卒。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ