フィリップ・フィッシャーの名言・格言|長期投資で失敗する理由

適切に選択された株式銘柄で時間の検証を経たものには、めったに売却理由が見つからないということだ。にもかかわらず保有株の売却を進める話は後を絶たない。多くの場合、その根拠とされているのはすぐにも市場全体が急落しそうだという懸念である。そういう不安から魅力的な銘柄の購入を見送れば、長期的には高くつく。キャピタルゲイン課税を考えれば、売却はますます割に合わないものになる。


フィリップ・フィッシャー の経歴

【フィリップ・アーサー・フィッシャー Philip・Arthur・Fisher】米国の株式投資家。 スタンフォード大学大学院ビジネススクールを卒業後、1928年にビジネス界に入り、証券アナリストとなった。1931年に投資顧問会社を設立し、独自の 投資原理を追及する。1958年以来初版から印刷されている投資のガイドブックCommon Stocks and Uncommon Profitsの著者である。フィッシャーの思想を受け継いだ人々の中で、もっとも有名な人物はおそらくウォーレン・バフェットであろう。 フィッシャーの行った最も有名な投資は、1955年にまだ小さなラジオ製造業者だったモトローラを買ったことである。彼はモトローラ社の株を、2004年 3月に96才で死ぬまで保有し続けた。フィッシャー家ではフィリップ・フィッシャーばかりでなく、息子や孫も投資の世界で活躍。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ