フィリップ・フィッシャーの名言・格言|市場が活況でも手放すべき株の条件

業績向上によって満足した中核スタッフの何人かが従来ほどやる気を失うケースがしばしば見られる。経営陣が交代して前任者ほど評価を得られない場合にこうしたことが起こりやすい。そうなると、その会社の成功を支えてきた戦略を維持できなくなるか、実行していく能力を失うことになる。そうした企業の株は市場全体がいかに活況であってもいますぐ売るべきだ。


フィリップ・フィッシャー の経歴

【フィリップ・アーサー・フィッシャー Philip・Arthur・Fisher】米国の株式投資家。 スタンフォード大学大学院ビジネススクールを卒業後、1928年にビジネス界に入り、証券アナリストとなった。1931年に投資顧問会社を設立し、独自の 投資原理を追及する。1958年以来初版から印刷されている投資のガイドブックCommon Stocks and Uncommon Profitsの著者である。フィッシャーの思想を受け継いだ人々の中で、もっとも有名な人物はおそらくウォーレン・バフェットであろう。 フィッシャーの行った最も有名な投資は、1955年にまだ小さなラジオ製造業者だったモトローラを買ったことである。彼はモトローラ社の株を、2004年 3月に96才で死ぬまで保有し続けた。フィッシャー家ではフィリップ・フィッシャーばかりでなく、息子や孫も投資の世界で活躍。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ