ポール・A・サミュエルソンの名言_格言|株価ランダム・ウォーク論への疑問

『競争的な市場では、すべての売り手に買い手がつく。そして価格が確実に上がるという予想ができるなら、その価格は既に上がっているはずだ』競争的市場における価格のある期間における動きは、なんら法則性のないランダム・ウォークになるはずだとされる根拠はこの辺りにある。この問題を考えれば考えるほど、このような抽象的な議論に何の意味があるのか疑問がわく。過去数十年間アメリカの株価が年平均5%以上の上昇を続けてきたということは、バイアスなきランダム・ウォークの議論と整合するものなのだろうか。


ポール・A・サミュエルソン の経歴

第2回ノーベル経済学賞受賞者。アメリカを代表する近代経済学者。経済学を数学的に精密化し、応用経済学の分野で活躍した近代経済学の父。世界的ロングセラーの経済学の教科書「経済学 入門的分析(Economics: An Introductory Analysis)」を書き、50年以上も改訂を行う。「経済学」は41カ国語に翻訳され、400万部以上刊行された。ケインズの思想をわかりやすく解説し世界に広めた人物。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ