ポール・A・サミュエルソンの名言_格言|将来必要な現金から許容できるリスクを決める

リターンの変動幅が大きいほど、十分に分散されたポートフォリオのリターンは増加するので、投資家は自分の将来的な現金のニーズを前提として、どこまで変動幅を受け入れるか自ら決定すればいい。どの程度変動幅を受け入れるか、理論上可能なリターンのレベルを決めるのは、あくまで投資家自身の将来の必要とする現金ニーズである。


ポール・A・サミュエルソン の経歴

第2回ノーベル経済学賞受賞者。アメリカを代表する近代経済学者。経済学を数学的に精密化し、応用経済学の分野で活躍した近代経済学の父。世界的ロングセラーの経済学の教科書「経済学 入門的分析(Economics: An Introductory Analysis)」を書き、50年以上も改訂を行う。「経済学」は41カ国語に翻訳され、400万部以上刊行された。ケインズの思想をわかりやすく解説し世界に広めた人物。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ