ベンジャミン・フランクリン13の徳

  1. 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
  2. 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
  3. 規律 物はすべて場所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
  4. 決断 なすべきことをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
  5. 節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
  6. 勤勉 時間を空費するなかれ。常に何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
  7. 誠実 偽りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出すこともまた然り。
  8. 正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与えるべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
  9. 中庸 極端を避けるべし。たとえ不法を受け、憤りに値すると思うとも、激怒を慎むべし。
  10. 清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
  11. 平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
  12. 純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のために行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、体を弱め、自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
  13. 謙遜 イエスおよびソクラテスに見習うべし。

ベンジャミン・フランクリン の経歴

【ベンジャミン・フランクリン】アメリカ合衆国の実業家、政治家、科学者、作家、発明家、慈善家、億万長者。100ドル紙幣に肖像が描かれている。1706年、米国ボストン生まれ。兄の印刷所で記者や編集者として働き、18歳でロンドンの印刷所に丁稚奉公に入り植字工として働き最新の印刷技術を学び始める。その後帰国し自分の印刷所を開き起業。ペンシルバニアガゼット誌を買収し、大きなメディアへと成長させる。持ち前の経営センスと勤勉、節約を旨とした生活様式が氏を富豪へと押し上げる。42歳で事業を売却。自然科学の研究、発明、政治などの道に進む。アメリカ独立宣言の起草委員として宣言に著名した5人の政治家の一人となる。独立戦争で外交力を発揮し、アメリカ独立に大きな功績を残す。夏時間の公安、避雷針、フランクリン式ストーブ、ロッキングチェアー、遠近両用メガネ、グラスハーモニカなどを発明した。アメリカ独立に大きく貢献したため、米国海軍の原子力潜水艦の名前にもなっている。著書「フランクリン自伝」はいまもなお事業家に読み継がれる時代を超えたロングセラーとなっている。プーア・リチャードというペンネームでも著作を残している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ