ラース・トゥヴィーデの名言・格言|株式投資で破滅する20の方法 前篇

株式投資で破滅する20の方法 前篇

  1. 小数の市場に特化することを選択し、常時そこで取引する。
  2. 情報の収集を種々雑多な内部情報、風説、知人やタクシーの運転手からの助言に頼る。
  3. 「自分の聞きたい情報」をもっとも信頼する。
  4. 自分の行為を正当化するために情報を歪曲する。
  5. 隣人や他人のすべてが買っていると知ったときに買い、相場が崩れたときに売る。
  6. 誰も市場から排除されたくない。とくに空売りなどしたくない。この理由から、ほとんど常に相場は上昇すると考える。
  7. 断片情報を大量に受け取ることには熱心だが、バランスの取れた情報の確保には決して熱心ではない。
  8. 全体的にバランスをとって株価を見るのではなく、パソコンの画面や相場表で場当たり的に株価を眺める癖をつける。
  9. エクスポージャー(許容できる最大最悪の損失額)の方針をはっきり決めず。大穴狙いをする。
  10. 利益が出たからといって、長期投資を一週間後に手仕舞う……。

株式投資で破滅する方法後篇へ


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ