ロバート・ルービンの名言・格言|選択肢があることは、それだけで好ましい

選択肢があることは、それだけで好ましい。物事はすべて確率論として見るべきで、絶対に正しいということはあり得ない。


ロバート・ルービン の経歴

【ロバート・ルービン】アメリカ合衆国の銀行家・財政家。 1960年ハーバード大学卒業。米国投資銀行大手ゴールドマン・サックスに26年間勤務。鞘取りの天才と称される。 その後、ホワイトハウスで国家経済会事務局長と財務長官として6年強、政界に身を置く。 現在は世界最大の金融グループであるシティグループの経営執行委員会会長。グループの戦略、経営、運営に携わる。 フォード自動車の取締役や、マウントサイナイ医科大学/マウントサイナイ病院評議会の理事。 2000年3月、ニューヨークを基盤に B to B 電子商取引企業への投資を専門にするプライベート株式投資会社のインサイト・キャピタル・パートナーズの顧問となる。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ