フィリップ・フィッシャーの究極の成長株の15のポイントで優良銘柄を選別する

究極の成長株を見つけるには以下の15のポイントをチェックする。

  1. 少なくとも今後数年間にわたって、会社の売上を大きく伸ばす製品や、サービスがあるか
  2. そうした成長の牽引役となる製品やサービスを、次々と生み出そうとしているか
  3. 研究開発費が有効に活用され、成果を上げているか
  4. 強い営業体制があるか
  5. 営業利益率が高いか(同業他社と比較する)
  6. 営業利益率をさらに高める努力をしているか
  7. コスト分析や、財務分析がきっちりできるか
  8. 労使関係が良好か
  9. 幹部社員のやる気を引き出す、社風や体制があるか
  10. 幹部社員に優秀な人材が多いか
  11. その業界で勝ち抜くための、独特のノウハウを十分に持っているか
  12. 長期的な視野に立って企業運営されているか
  13. むやみに新株を発行しないか
  14. 自社にとって不利益な材料を正直に説明しているか
  15. 株主に対して誠実であるか

フィリップ・フィッシャー の経歴

【フィリップ・アーサー・フィッシャー Philip・Arthur・Fisher】米国の株式投資家。 スタンフォード大学大学院ビジネススクールを卒業後、1928年にビジネス界に入り、証券アナリストとなった。1931年に投資顧問会社を設立し、独自の 投資原理を追及する。1958年以来初版から印刷されている投資のガイドブックCommon Stocks and Uncommon Profitsの著者である。フィッシャーの思想を受け継いだ人々の中で、もっとも有名な人物はおそらくウォーレン・バフェットであろう。 フィッシャーの行った最も有名な投資は、1955年にまだ小さなラジオ製造業者だったモトローラを買ったことである。彼はモトローラ社の株を、2004年 3月に96才で死ぬまで保有し続けた。フィッシャー家ではフィリップ・フィッシャーばかりでなく、息子や孫も投資の世界で活躍。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ