大倉喜八郎の名言・格言|人生を充実したものに変えるには

今日はよく働いたと夕方になって考えることほど、私にとって大きな楽しみはなかった。楽隠居の考えを止め、勇気をおこし、家のため、国のため努力するこそ人間の本分なり。遊ぶも働くも月日は流る、奮闘に興味を持つこと。何事も魂を込めて誠心誠意働け。


大倉喜八郎 の経歴

【大倉喜八郎 おおくら・きはちろう】日本の実業家。日本の15財閥の一つ大倉財閥の設立者。 明治・大正期の実業界の雄である。男爵。越後国新発田(現新潟県新発田市)出身。 18歳で上京、かつお節屋で丁稚奉公し商売について学ぶ。3年の修行ののち乾物屋で独立。その後慶応元年(1865)大倉屋銃砲店を開業、戊辰戦争に際し官軍御用をつとめて巨利を得る。戦争の度に肥え太った「死の商 人」という評もある。明治6年(1873)大倉組商会を設立し、貿易業に着手。晩年は稼いだ財産を公共事業や教育事業に惜しみなく投じた。大成建設、千代田火災海上(現:あいおい損保)、日清製油、東海パルプ、サッポロビール、日本無線、富士銀行など現在でも続く企業の創設にかかわった。 鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場などを渋沢栄一らと共に、設立したことでも有名。現東京経済大学の前身である大倉商業学校の創設者でもある。 狂歌が好きで、大倉鶴彦という名前で狂歌集を出している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ