大倉喜八郎の名言・格言|成功者とそうでない人の根本的な違い

「こうすれば良い」と考える事は頭の良い人でも普通の人でも大体同じ事であるが、大事業をなし得た人と何も出来ぬ人との差が生じる。何が故にその差が出来るかは「良いと思った事を勇気をもって行なうか、行なわないか」にある。つまり実行力の有無である。全社員は良いと思う事は勇気を持って実行し てほしい。今日の経験を明日に用いない者は、大成功はのぞまれぬ。


大倉喜八郎 の経歴

【大倉喜八郎 おおくら・きはちろう】日本の実業家。日本の15財閥の一つ大倉財閥の設立者。 明治・大正期の実業界の雄である。男爵。越後国新発田(現新潟県新発田市)出身。 18歳で上京、かつお節屋で丁稚奉公し商売について学ぶ。3年の修行ののち乾物屋で独立。その後慶応元年(1865)大倉屋銃砲店を開業、戊辰戦争に際し官軍御用をつとめて巨利を得る。戦争の度に肥え太った「死の商 人」という評もある。明治6年(1873)大倉組商会を設立し、貿易業に着手。晩年は稼いだ財産を公共事業や教育事業に惜しみなく投じた。大成建設、千代田火災海上(現:あいおい損保)、日清製油、東海パルプ、サッポロビール、日本無線、富士銀行など現在でも続く企業の創設にかかわった。 鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場などを渋沢栄一らと共に、設立したことでも有名。現東京経済大学の前身である大倉商業学校の創設者でもある。 狂歌が好きで、大倉鶴彦という名前で狂歌集を出している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ